HDE BLOG

コードもサーバも、雲の上

インドのシリコンバレー、バンガロール ― GopherCon India 2015

こんばんわ。HDEのしのはらです。 先日、弊社おがわと一緒にインドのバンガロールで開催されたGopherCon India 2015に参加してきました。 おがわの記事ではGopherConについて触れましたが、今回はインドのバンガロールにフォーカスを当ててみようと思います。

グローバルインターンシップの取り組み

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 生ハムの"生"に納得がいきません。 前回はHDEに来てもらった個性豊かなインターン生を紹介しました。 実際の採用にもつながり、結果が出始めています。 今回は、グローバルインターンシップの具体的な進め方を弊…

改めて、direnvを使いましょう!

HDE クラウドプロダクト開発部の小本です。 私のお気に入りツールdirenvを紹介します。 direnvとは・・・ シェルのcdをフックし、ディレクトリごとに環境変数を自動設定するツール pyenvなどを置き換えることができるツール Pythonistaも、Rubyistも、Gopher…

Go 旋風はインドまで! ー GopherCon India 2015

こんにちは。HDE のおがわです。 つい先日、インドのベンガルールで開催された GopherCon India 2015 に参加してきました。 GopherCon India 2015 弊社 HDE は現在、新規製品・既存製品問わず Go 言語を積極的に採用してます。GopherCon India 2015 の Assoc…

HDE review

Review about HDE.

SMTPサーバに負荷を掛けたい話

クラウドプロダクト開発部のたなべです。 最近、日経コンピュータのDocker特集 で私のコメントが載りちょっとうれしかったです。 2014年の弊社アドベントカレンダーでも紹介 したように、現在GoでSMTPサーバを実装しています。最近STARTTLS拡張も実装を終え…

外国人インターン受け入れの取り組み

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 弊社で開発・運用している HDE One は、おかげさまで多くの企業様にご採用いただいており、現在もどんどん採用企業様が増えています。 それに伴い、我々としてももっとグローバルにビジネスを展開したいと考えて…

1台のサーバですら Auto Scaling でケチる

こんにちは。小椋です。 「まあ15分ぐらいなら落ちてても実際そこまで困らないけど、基本的には24時間起動していてほしいんだよね……」 という緩めのサービスレベルで稼働しているSPOF気味なサーバー、ありますよね。社内向けのジョブスケジューラーとか、一…

メールの送受信にパスワードなんていらない

初めまして。クラウドプロダクト開発部の小玉です。先日スマホのインチアップを果たしたものの、片手で操作しようとして指がつりそうな日々を送っています。1月のMTSではXOAUTH2の技術的なことを発表しましたが、今日はユーザーからみたXOAUTH2についてブロ…

Go言語のログ出力は標準logよりLogrus

Go

こんにちは。HDEクラウドプロダクト開発部 小本です。 昨年はGo言語が大盛り上がりでした。HDEでも新規サービスをGo言語で書いています。 しかし、先日リリースされたaws-sdk-goなどについては諸先輩方が書いてくださると思うので、 私は重箱の隅つつきのよ…

Amazon Glacierでクラウド破産しないために

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 HDEのメールアーカイブシステムでは、月間1億6000万通ものメールを処理しています。 それだけのメールを処理するので、メールのデータ量も大変なものになります。 一方で、過去のメールに関しては、それほど頻繁…

APIの仕様をMarkdownで定義する

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 Web APIの仕様の定義ってみなさんどうされているでしょうか。 人によって書き方がバラバラだったり、定義に過不足があったりしてないでしょうか。 Web APIのインターフェースで定義する内容は、ほとんど決まって…

S3のZipファイルをRangeでバイナリアクセスして料金を節約

あけおめころよろメリクリ!! 尾藤 a.k.a. BTOです。 今年も残すところ、あと357日となりましたが、みなさんいかがおすごしでしょうか。 今年の目標は、純白のメルセデス、プール付きのマンション、最高の女とベッドでドン・ペリニヨンの3つです。 さて、今回…

勉強会スペースの貸出、はじめました

こんにちは。HDEの小本です。 このたび、HDEのオープンラウンジの貸出しを始めることになりました。 オープンラウンジとは? 360度パノラマはこちら 昨年のオフィス拡張に伴って新しくできたオープンスペースです。 HDEを訪れた方の待ち合わせ、気分を変え…

ワーカーをオートスケールでスポットインスタンスをアジャストしてプライスを1/4にしたファクト

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 メール流量とインスタンス数が完全に一致!! まずはこの図をご覧ください。 上がメール流量で、下がインスタンス数になっていますが、グラフが完全に一致しています。適切な時間に適切な台数を配置することで、サ…

月間1億6000千万件のメールをアーカイブして検索できるようにする技術

おはこんばんちは!! 尾藤 a.k.a. BTO です。 弊社のクラウドセキュリティサービスHDE Oneには様々なコンポーネントがありますが、今回はメールアーカイバについて紹介します。 月間1億6000万件のメールをアーカイブして、検索可能にする HDE Oneはおかげさま…

正しいログの削除の仕方

おはこんばんちは。 尾藤 a.k.a BTO です。 先日弊社のとあるサービスで、ログが溢れてしまいサービスが正常に稼働しなくなった事がありました。 こういう時は、ログを削除してディスクスペースを確保すればいいのですが、ログの削除の仕方を間違ってしまう…

第六回 HDE Monthly Technical Session (社内勉強会)

こんにちは!HDEの小椋です。 去る10月24日、第六回目となる HDE Monthly Technical Session が開催されました。 LTが4本につづいて、今回は少し多めにフリースタイルセッションが3本の構成でした。 Lightning Talks 1. Introduction to systemd (Ogawa) Int…

定着してきた社内技術勉強会、5回目。今の悩みは……

はじめまして、HDEの小椋です! 毎月、定例勉強会運営グループのミーティングが開かれるようになり、毎月勉強会が定期的に実行される体制になってきました。運営メンバーの一人として今悩んでいることは、下記の二つですかね。 ネタのあるやる気のある人が発…

IT x English x Beer な HDE の定例勉強会を紹介します!

初めまして! HDE でインフラエンジニアをやっております 山中 と申します! 長らく SlideShare へのリンク+説明文を貼り付けるだけになっていた本ブログですが、 やっと記事らしいものを書きだせるような体制になって参りました。 今後、技術の話や HDE の…

Implementation of GUI Framework Part2

Implementation of gui framework part2 from masahiroookubo This slide is a description of GUI Framework which is implemented in order to develop to administration screen of the web application. This time, it describe how to using Bootstrap …

Do not "rm" log files

Do not rm_log_files from Masato Bito ログファイルに限らず、ファイルが肥大化した時の削除方法について話しました。 rmコマンドは、ファイルを削除するコマンドだと思っている人がほとんどだと思いますが、実はファイルを削除するコマンドでは”ありません…

Synergy of "GlusterFS" and "Ephemeral disk"

Mts deguchi gluster_fs+aws from 0x00be Actually, this was my job-training theme. Ephemeral disk is very large and very fast, but it has a large demerit. However if you use GlusterFS, you can maybe solve this issue. 実はこのテーマは私のジョ…

AWS Cost Visualizer

AWS Cost Visualizer from Iskandar Setiadi A presentation which is used as GIP participants’ progress report. This presentation will explain how the custom-built AWS cost visualizer works. Presented by Iskandar Setiadi & Saskya Irena

DockerCon 14

DockerCon 14 from Yusaku OGAWA DockerCon 14 へ行ってきました。 DockerCon 14 はサンフランシスコで開催されるカンファレンスです。Docker に関するいくつかのビッグニュースが発表されたほか、様々な講演もありました。 前半では DockerCon で発表された…

Studying Abroad in Cebu

Studying Abroad in Cebu from etgjsv 英語アレルギーな私が、英語学習のためにフィリピンのセブ島へ1ヶ月間留学しました。 発表者: *Student3

Garbled text in email

Garbled text in email from tas-hiro 日常的にメールを使う場合、どうしても文字化けは避けられません。 知っているようで意外と知らない、「どうして文字化けは発生するのか」に焦点をあてた内容になっています。 UTF-8が広く採用されるようになり、ひとこ…

Implementation of GUI Framework Part 1

Implementation of gui framework part1 from masahiroookubo Bootstrap3, jQuery をベースとしたMVCフレームワークの実装について説明します。 発表者: 大久保

Overview of Load Balancer

Jun.27 fukutomi from iyo16 当社製品に付属するロードバランサの解説です。 発表者:福冨

The life of SEG engineers (SEG エンジニアの生態)

25 分の特別枠を頂いたので、普段裏方として働いている運用部隊の仕事内容をみっちり解説しました。 (SEG というのはインフラチームが所属する部署の名前です) 他部署の社員向けの内容になっているので、 NG 情報が多く、全スライドを公開できないのが残念で…

First impressions of Go

First impressions of Go from Yusaku OGAWA 私が Go 言語に触れて感じたこと。第一印象。 発表者:OGAWA Yusaku

UI testing with splinter

Ui testing with splinter - Fri, 30 May 2014 from Taizo Ito テストツール Splinter の紹介です。 Splinter は Web アプリケーションの UI テストツールです。 インストール・使用方法ともに簡単で、気軽に利用できるツールですので、ぜひ試してみてくださ…

Overview of the PCI DSS

Overview pcidss from takashiinada PCIDSSとは 発表者:稲田

Internationalization of JavaScript

I18n of java script from Junichi Shinohara angular-gettextの紹介です。 angular-gettextは、JavaScriptから翻訳したい文字列を抽出しpoファイルを作成できます。また、poファイルをJavaScriptのObjectやJSONへ変換できます。 translateディレクティブを…

The Language Barrier - PyCon14 MAY 17-18 2014 in Taipei

The language barrier. from pumpkin_brownies 先日、pycon に参加するため台湾に行ってきました。 日本で働きたい台湾の学生さんを探すためです。 多くの学生さんがインターンシップに興味を示してくれました。 pycon の後に、台湾の学生さんから多くの申し…

Self-Created Load Balancer in AWS

Self Created Load Balancer for MTA on AWS from sharu1204 LVSを利用したAWS上のロードバランサー(LB)についての資料です。ポイントは、SNATを利用して戻りのパケットをAWSのデフォルトゲートウェイではなくLBに戻す点です。また、作成したLBの問題点も…

Authentication

Authentication from Takehiko Kodama Claim-Based Authenticationを実施する上で落としては行けないポイントを好ましくない例を含めて紹介しています。 発表者:小玉